2007年12月20日

電話して千葉・稲毛界隈探訪〜72〜(No.606)

  【旧神谷伝兵衛稲毛別荘】その10
 
 えへへ(ルー) お早よう茣蓙います.
『千葉・稲毛界隈探訪』の72回目で,そうして≪旧神谷伝兵衛稲毛別荘≫の10回目で茣蓙居ます.
一昨日からは旧神谷伝兵衛稲毛別荘と千葉市民ギャラリー・いなげ共有の庭園にあります,彫刻をご紹介しております.四軆の彫刻とも作者名やタイトルは表示されておりませんでした.

旧神谷伝兵衛稲毛別荘≫ホームページは下記です.

http://maskweb.jp/b_kamiyavilla_1_1.html 

また,千葉市作成の案内パンフレットと内容と同じホームページ〜〜
はこちらです.あわせてご覧ください.
http://www.city.chiba.jp/ward/inage/odkiv/odkiv1.html

写真は五月四日に撮ったものです.
写真()を含めた画像にマウスを合わせますと,何らかの文字が表示されます.

151稲毛界隈・旧神谷伝兵衛稲毛別荘庭内の彫刻B.jpg


の連続更新目標は
関西在住のお嬢さんが
いろいろ考えて戴いた末の

62_
=睦間爺さん=むつまじいっ

と,いたしました.
まだ,まだ,驀進中で茣蓙居ますよ.
【関連する記事】
posted by 日本憂國党・紋狗悠之輔 at 01:00| ウィーン 🌁| Comment(6) | 北総雑写 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは

これは何?
腰掛ける少女???
なんとも不思議な像ですね。
Posted by 胡蝶尼 at 2007年12月20日 01:28

胡蝶尼 賛
お早よう茣蓙います.

>これは何?
それはですねぇ,多分,某国そら豆総理率いる政府や与党がちょっとも庶民側に立った政治をせず,海の向こうの国ばかり見ておるんで業を煮やし,そっぽを向いておるんじゃぁ茣蓙居ませんでしょうか??
あたくし奴はそう解釈しておるんですが・・・・
如何なもんでしょうか??


Posted by 紋狗悠之輔⇒胡蝶尼 賛 at 2007年12月20日 06:53
芸術はまるで解せぬ輩でありますから、
少し困惑気味、初日の彫刻は完成度が高く、なるほど…でしたが、昨日、今日の作品には頭を捻っております。
同じ作者ではありましょうが、単に時間差の問題でありましょうか、これは何を表現しようとしたのか、デフォルメされた下半身が女性の生命力を…ともおもったのですが、どうやら少女のようですし、ハハ、結局分らず仕舞。
Posted by 雨月 at 2007年12月20日 13:22

雨月 賛
こんにちはで茣蓙居ます.
さて,何なんでしょうねぇ.雨月大明神でもお判りになりませんか?? そらじゃぁあたくし奴は無理ですよ.
昨日の彫刻と今日の作者は同人物だと思うんでありますが・・・・・・
しかし,何故タイトルや作者名が無いのか不思議であります.
訳の判らぬ彫刻を載せまして申し訳茣蓙居ません.でも,この彫刻さん達,載せて呉れと申しているようなんですよ.
傍で眺めていると愛しくなりましたですよ.それとともに何となく心和むんですよね.〜〜不思議な彫刻です.
Posted by 紋狗悠之輔⇒雨月 賛 at 2007年12月20日 15:30
こんばんは

子供の可愛らしさあります・・この作者は子供が好きだったんですね。そう思うと
最初の作品も子供がモデルかもです?
Posted by 安曇野まさ at 2007年12月20日 22:35
安曇野まさ 賛
お早よう茣蓙います.
そうなんです.一昨日,昨日と子供の表情が愛らしいんですよね.
こんな表情,俗世界に汚れた大人には無いですよね・・・・・・
Posted by 紋狗悠之輔⇒安曇野まさ 賛 at 2007年12月21日 04:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。